*

宿屋ぼぼ つづき3

ennsyo3         
客「おう、おやじさん、いるかい?」
亭「へえ、いらっしゃい、おう、旦那ですかい?」
客「どうだい、近ごろア・・・たまにゃ、かわったいい娘ァいるかい?」
亭「あ、ちょうどよござんした。今夜いるなア、もうできたてのホヤホヤ・・・」

客「つきたての餅じゃァねえや。なンだい、そのホヤホヤてえのは?」
亭「ヘエ、田舎から出たばかりってエ、まじりっけなしのオボコ娘を仕入れたんで・・・」
客「おやじさんのオボコ娘はあてにならねえや、こないだなんかは、てえへんなアバタ面をあてがわれたじゃねえか。文句いったら、顔に、ボコボコ穴があいてるから、オボコ娘だ・・・ッてやがる」



亭「いえ、あのう、今日はもう間違ェのねえところで・・・」ええ、糸も通したことがねえという新鉢なんで・・・。その代り値はちっと張りますぜ」
客「いくらだい?」
亭「二分です」
客「二分?二分とはまた、気張りやがったナ、格子女郎なみだ。ま、いいや、新鉢ってェなら・・・ホラよ、二分金だ」

亭「ヘエ、どうも、ありがとう存じます」
客「女ア、どこにいるんだ?」
亭「ええ、この二階をトントーンと上がりましてネ、右へまっすぐ行って、右ですぜ。左ィ行くと非常口から落っこちる。右ィ行って廊下の一番奥の部屋なんで・・・。あッ、この羽織をね、裏返しに着てっておくんなさい。手ざわりでもって、黙って迎え入れる話が、デキてるんですから・・・」

笑い話 艶笑落語 『宿屋ぼぼ つづき4』 つづく

定本艶笑落語3 小島貞二編 噺家(橘家圓太郎)

 


公開日:

 
  •  制作者 seiwa
     年齢  じじ
     住処  埼玉県
     仕事  話し方教室講師
     

  • laughqc
  • warais

    kobanasis

    enns

    hs

    sinneta

    toris

  •  
PAGE TOP ↑