*

松茸 2

ennsyo         

 えー、松茸ァつっこみだそうでございまして、あたくしも、この・・・”松茸”のはなしを、いくつか、つっこみで(まとめて)申しあげますが・・・。
亭主「おう、今、帰ったィ」

女房「あァ、お帰ンなさい。おや、何を買って来たんでね?」
亭「あァ、松茸をナ、ウー、買って来たんじゃなくて、友だちンところで、もらって来たんだィ」
女「おや、そうかい?そりゃァ何よりだヨ。わたしも大好物だからネ。まア、いい形してるねェ・・・」
亭「いじるんじゃァねえヨ。女ァ松茸なンぞいじってるなア、あんまり恰好のいいもんじゃねえや。あア、今日は、おれ、一ぺえやって来たからナ、今、食べるなアもてえねえや。こいつア、明日の楽しみにしよう。明日の朝、おつゆにでもしてくれよ。えッ、楽しみにするんだからナ、鼠にでもかじられないようなとこに、大事にしまっときなよ」

 てンで、その晩は寝る。
 からすカアと鳴いて、夜が明けると、



亭「あア、よく寝た。ウーン、楽しみだねえ、今日は・・・。え、昨日の松茸・・・あれを食べなくちゃァナ。・・・うん、おいおい、松茸のおつゆこしらえてくんなよ。あまったらナ、金網の上にのっけてナ、焼きあがったところへ、ゆずなんか垂らしてナ・・・」

女「あらァ、ちょいと、おまえさんッ!」
亭「な、なんでえ、どうした!?」
女「すっかりダメになっちゃったんだよ、松茸が・・・」
亭「え、松茸が?そんなバカな話ってねえだろう。エ、一晩で、おめエ・・・みんなダメになっちまうなんて・・・。見してみろィ・・・あっ、こりゃひでエや、すっかりいかれッちまってるじゃねえか。どこへ、しまっといたんだい、この松茸?」

女「それがネ、鼠にかじられちゃいけないと思ってネ、米びつの中ィ入れといたんだよ」
亭「米びつ?馬鹿だなア、おめえは!?松茸てえものはナ、米粒一つぶついたって、クサるといわれるくれエのもんだよォ」
女「あら、そうなの。だから、フンドシにゃ糊(のり)をつけないんだね・・・」

笑い話 艶笑落語 『松茸3』 につづく

 


公開日:
最終更新日:2014/05/30

 
  •  制作者 seiwa
     年齢  じじ
     住処  埼玉県
     仕事  話し方教室講師
     

  • laughqc
  • warais

    kobanasis

    enns

    hs

    sinneta

    toris

  •  
PAGE TOP ↑