*

二本指

ennsyo         
 えー、惚れて惚れて、惚れぬいたご亭主を残しまして、あの世へ行っちまったおかみさんがございましてナ、こうなると未練が残ります、浮ばれない。

 夜な夜な亡霊となって亭主のところへ現われまして、
 「あアら、うらめしやァ・・・」
 「うわーッ、また出たァ、もういいかげんにしてくれ。夜もねられない」

 「だっておまえさん、あたしゃネ、おまえさんがあたしの死んだのをいいことに、どっかで浮気をしてるんじゃないかと、それが心配で心配で、浮ばれないんだよ・・・」

 「バカだな、おめえは・・・。死んでまで、どうしてそう、疑ぐりぶけえんだ。おれが、そんな浮気なんか、するわけがねえじゃねえか・・・」



 「そんな、口だけで信じられるなら、迷って出やアしないヨ。うらめしイ・・・」
 「うわーッ、やめてくれったら。えー、そんなに信用しねえのなら、おまえが死んだあとは、どうせ不用のもんだ、ホラよ、こいつを渡してやらア・・・」

 てンで思いきりのいい亭主でございます。男の一物スパーッと切りまして亡霊に渡す。
 これにはさすがのおかみさんの亡霊も、すっかり喜んで帰って行く。

 あくる晩になりますと、
 「うらめしやア・・・」

 「うわーッ、また出やがった。なんだってンだよ、ゆうべ、男の大事な道具まで渡したのに・・・」

 「まだ、心残りがするんだよ、うらめしい・・・」
 「まだ心残りが?この上、何がほしいんだ?」

 「あー、あと、右手の指が二本ほしい・・・」

笑い話 艶笑落語 『宿屋ぼぼ』 につづく

 


公開日:
最終更新日:2014/05/30

 
  •  制作者 seiwa
     年齢  じじ
     住処  埼玉県
     仕事  話し方教室講師
     

  • laughqc
  • warais

    kobanasis

    enns

    hs

    sinneta

    toris

  •  
PAGE TOP ↑