*

突ッとおし




kobanasi   
 えー、嫁いだばかりのお嫁さんが、仲人ンところへかけこんで参りまして、
 「あのう、お願いでございます。私は、もうもう辛抱はできませぬ」
 「え、どうした?喧嘩には、ちと早すぎるじゃァないか、えッ?」
 「はい、ほかに不足はございませぬが、あの人は以前から陰間買いのくせがございまして・・・・」

 「はてナ、それはもう慎む約束だ・・・」
 「いえ、それは慎んでおりますが、あの・・・酔って帰りますと、私の前にかからず、後ろばかり攻めるのでございます」

 「え、後ろばかり?ウーン、それはいかんな。よしよし、いずれ、折りを見て、わしから言って聞かせよう」

 「それでは間に合いませぬ、今夜も、あの・・・寄合があるというので出かけましたので、酔って帰るに違いございませぬ。私、とても我慢ができませんので・・・」

 「困ったナ、それは・・・。よろしい、それじゃ今夜だけは、仲人のつとめとして、わしが代わろう。おまえさんは、私の家でやすんでいなさい・・・」


 仲人もツラいものでございまして、その夜は、お嫁さんの代わりに、お嫁さんの夜具へはいって、待っている。wafuu03

 それとも知らず帰って来た亭主が、酔ってますからナ、暗い中ですっかり嫁さんだと思って後ろから攻めかかる。

 「おやア、今日はまた、かくべつ、よい味じゃ。ありがてェありがてェ、ひとつ、しこたま、コマしてやろう・・・」

 てンで夢中になっている。そのうち何げなく前へ手をまわした亭主、仲人の一物にさわりまして、キモォつぶして、
 「南無三、突きとおした・・・」

定本艶笑落語 小島貞二編より

次 蚤と虱 へ

お色気小咄 目次へ



 


公開日:
最終更新日:2014/11/11

 
  •  制作者 seiwa
     年齢  じじ
     住処  埼玉県
     仕事  話し方教室講師
     

  • laughqc
  • warais

    kobanasis

    enns

    hs

    sinneta

    toris

  •  
PAGE TOP ↑