*

胃袋と毛

kobanasi  
       

 
 オリブ未亡人は数年まえ寡婦となったが、子どもいなければ、近い親類もなく、それかといって浮気をする年でもないので、情欲を傾けつくす相手といったら、大きな黒猫のミミがいるばかりだった。

 ところが不幸は友を引くというたとえのとおり、このあわれな老婦人の猫が、べつになんという原因もなくて、とつぜん死んでしまった。

 「きっと、ミミはだれかに一服盛られたんだよ」
 これがオリブ未亡人の最初の考えだった。icon_rose02
 


 近所の人のいたずらとしたら、あまりに悪どい仕業だと、どう考えても業腹でならないので、医者をたのんで、解剖してもらうことにした。

 「いや奥さん、これは毒殺されたんではありません。下手人が出るわけはありません。つまり一種の自殺です。お宅のミミも、他の猫と同じで、体をなめる悪い習慣があったのです。で、長い年月には、毛が胃袋の中にたまって、それが死因となったものです。ごしょうちのとおり、毛というものは不消化なものですから、それがいっしょにかたまって結石を作ったのです」

 オリブ未亡人は、長い間考えこんでいた。過去のことを思いだすと、深いため息が出るのだった。

 「かわいそうなうちの人も、あんなに丈夫だったのに死んでしまうなんて、やっといま、その原因がわかったような気がするわ。あの人もなめるくせがあったんだもの」

西洋小咄

次 熊の皮

お色気小咄 目次へ

 


公開日:
最終更新日:2014/06/06

 
  •  制作者 seiwa
     年齢  じじ
     住処  埼玉県
     仕事  話し方教室講師
     

  • laughqc
  • warais

    kobanasis

    enns

    hs

    sinneta

    toris

  •  
PAGE TOP ↑