*

熊の皮

kobanasi  
       

 
 「八兵衛でござります。さて強い寒の内でござります。どなたさまもごきげんよう、おめでとうぞんじます。これはけっこうなもの、なんと申すものでござります」と問えば、

 だんな  「これは熊の皮の敷布団さ」
 八兵衛 「これが熊の皮でござりますか」

 と言いながら、なでてみて、
 「はばかりさまながら、女房も、よろしぅもうしました」

江戸小咄




入歯問答

 アンリェット・レトレエ夫人が、ある朝、青い顔をして、婦人科の産院へやってきた。
 「マダム、どうなさいました?」と、顔なじみの院長が、この中年夫人にきいた。

 「今朝から、なんだか、痛くて、痛くて・・・・がまんできませんの」
 「それはいけませんね。では、さっそく、拝見いたしましょう」

 診察すると、奥のほうに入歯がはいっていたのである。院長はそれを取りだして、きれいに消毒して、セロハン紙につつんで、夫人に渡しながら言った。

 「これからは、おやすみになりますとき、忘れずに入歯をおはずしになるように、だんなさまにおっしゃるのですね」

仏小咄

次 サイズ

お色気小咄 目次へ

 


公開日:
最終更新日:2014/06/06

 
  •  制作者 seiwa
     年齢  じじ
     住処  埼玉県
     仕事  話し方教室講師
     

  • laughqc
  • warais

    kobanasis

    enns

    hs

    sinneta

    toris

  •  
PAGE TOP ↑