*

腹の内

kobanasi  
       

 
 さる所の生まれ子、生まるるよりすぐに、大人のように、いろいろなことを言うゆえ、めずらしがり、人が集まりて話をするうち、一人が子に向かいて、

 「腹のうちにいたときのことも、おぼえがあるだろう。どのような心持であった」
 と問えば、かの子が言うには、

 「腹のうちは八、九月ごろのようだ」
 「そりゃ、どうして」
 「ちょうど、あつくもなく、寒くもなし、そうしておりおり下から松茸がはえる」

江戸小咄




オールド・ミス

 町で評判のオールド・ミスのオルガ女史、ある日、血相を変えて、市役所へとびこんできて、

 「うちの前に共同便所が立ちました。それはいいのですが、うちの窓から見ますと、中がまる見えなのです。あれでは風紀を乱すおそれがあります。ぜひ、見えないように囲いをしてください」とのこと。

 まことにとうぜんの抗議なので、市役所では、さっそく、大工をやって修繕させることにしました。

 しかし、そのまえに、いったい、どのくらいの程度、まる見えなのか、一応、女史の窓から検査してみようと、大工が窓に立ってみると、なんのことだ、共同便所の中はぜんぜん見えやしない。

 変なことだ・・・と、思って、理由をたずねると、女史は、すこしもさわがず、一隅から机とイスとを持ってきて、かさね、その上にのり、

 「こうして見ますと、それこそ、まる見えなのです・・・・」

西洋小咄

次 見ないわけには

お色気小咄 目次へ

 


公開日:
最終更新日:2014/06/06

 
  •  制作者 seiwa
     年齢  じじ
     住処  埼玉県
     仕事  話し方教室講師
     

  • laughqc
  • warais

    kobanasis

    enns

    hs

    sinneta

    toris

  •  
PAGE TOP ↑