*

毛の縁

kobanasi  
       

 
 マルセイユからニースへ行く汽車の中で、オリーブとマリウスは、ぐうぜん向かいあいの席についた。二人は一面識もないのだが、車中のつれづれに話しはじめた。

 ふたりとも人なつっこい南国人のこととて、すぐ仲よしになって、めいめいの細君のことなど打ちあけてしゃべりだした。

 マリウスが言った。
 「ぼくは旅行に出るときには、いつも家内の・・・ほら・・・あそこの毛を二、三本抜いて、封筒へ入れて持ってくるんですよ。そして、退屈すると、こうしてポケットから出しては、においをかぐんです」isl1
 


 「へええ、そりゃ思いつきですね。ちょっとぼくにもかがしてくれませんか」
 「おやすいご用です」

 というわけで、オリーブは、マリウスから封筒をかりて鼻へ押しつけたが、急に、マリウスの両手をとって叫んだ。

 「あなたはマリウスさんじゃありませんか」
 「これはまた、よくご存知ですね」

 「いや、それはもう、かねがねおうわさは奥さんからうかがっておりましたが、お知り合いになれてうれしいですよ・・・」

仏小咄

次 小指かしら

お色気小咄 目次へ

 


公開日:
最終更新日:2014/06/06

 
  •  制作者 seiwa
     年齢  じじ
     住処  埼玉県
     仕事  話し方教室講師
     

  • laughqc
  • warais

    kobanasis

    enns

    hs

    sinneta

    toris

  •  
PAGE TOP ↑