*

かぎわけ

kobanasi  
       

 
 トムさんは、シェパードが、大のご自慢です。
 ある朝、五匹ほどつれて、近くの小道を歩いていると、向こうから顔見知りの伯爵がやってきたので、挨拶しました。

 「ほほう、これが、あの有名なトロンペット君なのですか?」
 と、伯爵は一匹の頭をなでながら、いいました。

 「だが、とくにこの犬だけが、すぐれているようには見えませんなあ。どうでしょう。わたしは賭けますよ。じつは、居間に手袋を忘れてきたんですがね。トロンペット君、それをとってきますかね?まさか、それまでは、やれますまい」



dog1 「とんでもありません。そんなことぐらい、朝飯前ですよ。わたしの勝ちにきまっていますよ。さあ、ちょっとお手の匂いをかがせてやってください。それで十分なのです」

 トロンペットは、たちまちいなくなりましたが、やがて、尾をふりふり、得々としてもどってきました。

 「おや、ずいぶんダブダブの手袋だな」
 と、思って、よく見ると、それは伯爵夫人のパンティでした。

西洋風流小咄集 より

次 贖罪(しょくざい)

お色気小咄 目次へ

 


公開日:
最終更新日:2014/06/06

 
  •  制作者 seiwa
     年齢  じじ
     住処  埼玉県
     仕事  話し方教室講師
     

  • laughqc
  • warais

    kobanasis

    enns

    hs

    sinneta

    toris

  •  
PAGE TOP ↑