*

贖罪(しょくざい)

kobanasi  
       

 
 シャノン君は、神さまの前に、罪を告白して、ゆるしをねがいました。畠の中で、若い女を見かけたので、妙な気持ちになり、押したおして、手ごめにしようとしたが、アワヤというところで、シャノン君は思いとどまり、その行為は未遂におわったのです。

 告白をききおわった神父さんは、厳粛な顔つきでいいました。
 「あなたの行為は、まことに罪深いものですぞ。たとえ、あなたが、縁(ふち)にさわっただけだったとしても、もう、それは入れたと同じこと、と申してよろしい。そのつもりで、かたくかたく、贖罪を誓わなければなりませんぞ」と、きついおとがめでした。



 それから、一週間の後、日曜日のミサ(教会の祭式)がありました。神父さんが、浄財の喜捨を受けるために、鉢を持って信者のあいだを歩きまわり、やがて、シャノン君のところへも、やって来ました。

 シャノン君は、ポケットから、2フランのお金をとり出すと、神父さんの持っている鉢の縁をゆっくりとなでてから、そのまま、お金はじぶんのポケットへ戻して、おもむろにいわく、

 「神父さま、縁をなでれば、中へ入れたも同様でございます。アーメン」

西洋風流小咄集 より

次 中身の問題

お色気小咄 目次へ

 


公開日:
最終更新日:2014/06/06

 
  •  制作者 seiwa
     年齢  じじ
     住処  埼玉県
     仕事  話し方教室講師
     

  • laughqc
  • warais

    kobanasis

    enns

    hs

    sinneta

    toris

  •  
PAGE TOP ↑