*

ベッドに招く

kobanasi  
       

 
 フランスの老公爵夫人が、会合の席で、いくたりかの若い美しい貴婦人たちが、俳優をじぶんの家に招待するときいて、フンガイしていった。

 「まあ、身分のある方々が、俳優をお招きになるんですって?わたしの若いころは、じぶんのところに俳優など招いたことは、一度もありませんでしたよ。そういう人たちは、かならずベッドにだけ迎えたものです」

西洋風流小咄集 より




花びん

 女中のマリーが、旦那さまの大切にしていた日本製の花びんをこわした。
 「おまえは、わたしが、いくらいっても不注意が、なおらないね。お仕置きをしてやるから、こっちへきなさい」

 旦那さまは、マリーを書斎へよびいれ、お尻をまくってぶとうとしたが、マリーも年ごろ、肉づきのいいお尻のなまめかしさに、ついフラフラとなって、ぶつのとは、まるでちがった方法で、お仕置きをしてしまった。den1s

 あくる日、奥さまの留守に、書斎のトビラを、コツコツとたたくものがいるので、「だれだ?」
 と、旦那さまが、ドアを開けると、恥ずかしそうに、マリーが、立っていた。

 「あの・・・旦那さま、今日は、シナの花びんを、こわしてしまいました」

西洋風流小咄集 より

次 誤解

お色気小咄 目次へ

 


公開日:
最終更新日:2014/06/06

 
  •  制作者 seiwa
     年齢  じじ
     住処  埼玉県
     仕事  話し方教室講師
     

  • laughqc
  • warais

    kobanasis

    enns

    hs

    sinneta

    toris

  •  
PAGE TOP ↑