*

倦怠期

kobanasi  
       

 
 彼女は受話器をとりあげた。
 「ああ、あなたね、こちらは大丈夫。お急ぎにならないでいいわ。せいぜいおたのしみになっていらっしゃい」

 電話を置くと、ベッドに寝ていた男が、彼女を愛撫しながらいった。「今の電話はだれだい?」「ウチの人よ」

 「なんていってたんだい?」
 「今晩おそくなるんですって・・・。いま、あなたのうちで、あなたとポーカーをやってるそうよ」

西洋風流小咄集 より




かいてる!

 ふと、かわいい女友だちアンナのことを思い出し、やもたてもたまらず、電話をした。

 「アンナ!会いたいよ。今、いってもいい?」v1  「でも・・・」
 「でもって・・・いけないの?今、きみ、なにしてるの?」

 「いえないわ、恥ずかしいの・・・」
 「いえないって?恥ずかしいって・・・ほんとに、なにしてるのさ」

 「かいてるのよ」
 「ええっ?かいてるって?そうして、恥ずかしいって?」

 「ええ、一人でつまらないから、かいてたの・・・手がベトベトになってしまったわ」

 おどろいたマリウス君、
 「いけないよ、きみ、一人で、そんな・・・そんなこと・・・しちゃいけないよ。ぼく、今、すぐいく・・・」
 「だめよ、恥ずかしいんですもの・・・」

 ガチャンと電話を切って、大いそぎでアンナの部屋へとんでいってみると、なるほど、電話のとおり、アンナは、手をベトベトにしていた。一人で油絵をかいていたので・・・・。

西洋風流小咄集 より

次 隣接陣地

お色気小咄 目次へ

 


公開日:
最終更新日:2014/06/06

 
  •  制作者 seiwa
     年齢  じじ
     住処  埼玉県
     仕事  話し方教室講師
     

  • laughqc
  • warais

    kobanasis

    enns

    hs

    sinneta

    toris

  •  
PAGE TOP ↑