*

念入りに

kobanasi  
       

 
 五つになる子供をつれて、ある百姓が、町の市場へ牛を買いに出かけました。
 市場につないである牛を、彼は一頭ずつ、念入りにしらべました。

 手で、牛の背中をなで、毛並みのぐあいをみたり、横腹のあたりをつまんで、肉づきのよさをためしたり、乳をこちょこちょとやって、精がついているかどうかを、見たりしました。

 「お父ちゃん、いちいちどうして、そんなことするの?」
 「そりゃ、おまえ、物を買うときには、すみからすみまで、念を入れてしらべてみないことには、とんだクズものをつかまされては、こっちの損だものな。おまえも、ようくおぼえておきな」



 子供は、だまって返事をしませんでした。
 しばらくして、子供は、何か確信でも持ったかのように、父親にむかって、いいました。「お父ちゃん、うちのお母ちゃん、もう、ずっと前から売りに出されているんだね」

 sleepcow「まさか、人間が売り出されるなんて、そんなバカな・・・どうして、また、そんなことをきくの?」

 「だって、こないだ、近所のおじさんが、お母ちゃんを、とっても念入りにしらべていたよ」

西洋風流小咄集 より

次 公平無私

お色気小咄 目次へ

 


公開日:
最終更新日:2014/06/06

 
  •  制作者 seiwa
     年齢  じじ
     住処  埼玉県
     仕事  話し方教室講師
     

  • laughqc
  • warais

    kobanasis

    enns

    hs

    sinneta

    toris

  •  
PAGE TOP ↑