*

公平無私

kobanasi  
       

 
 さる町の僧正さま、おいぼれ馬にのって教区巡視に出かけました。山間の村をおとずれ、意外のご馳走になった僧正さま、寝るときに、

 「わしの馬は、おいぼれじゃが、長年かわいがっている。どうぞ大切にしてやってくだされ、わしと同じようにな」

 村の坊さん、僧正さまに寝床をゆずって、じぶんは隣家に泊まったが、馬が気になり、夜中、住まいに帰ってみると、何とご機嫌になった僧正さま、女中のマリーを引きいれて寝てござる。



koma ふんがいした坊さん、さっそくうまやへ行き、僧正さまのおいぼれ馬に、じぶんの牝馬をあてがった。おいぼれ馬は大よろこび。

 さて、翌朝、僧正さまが、馬にのって帰ろうとすると、昨夜がたたって、馬がふらふら、十メートル行っては、足がガタガタ、二十メートル歩いては、足がヨロヨロ。

 僧正さま、おどろき、
 「わしの馬をどうなされた?」
 「大切にしてやりました。僧正さまと同じように・・・」

西洋風流小咄集 より

次 チケット

お色気小咄 目次へ

 


公開日:
最終更新日:2014/06/06

 
  •  制作者 seiwa
     年齢  じじ
     住処  埼玉県
     仕事  話し方教室講師
     

  • laughqc
  • warais

    kobanasis

    enns

    hs

    sinneta

    toris

  •  
PAGE TOP ↑