*

わかってる!

kobanasi  
       

 
 耳の聞こえない男が、結婚した。
 教会の儀式も、とどこおりなく進み、いよいよ、花婿が、指輪を花嫁の指にさす段取りとなった。

 もとより馴れぬことであり、あらかじめ習ってもこなかった、耳の聞こえない花婿、時がきても一向に動かない。

 「指輪じゃ、指輪じゃ!」と、かたわらの坊さん、耳うちするのだが、てんできこえないらしい。

 坊さん、これは手真似をするにかぎると思い、左手の親指と人差し指とで、指輪の形をつくり、右手の人差し指を中へ通して、二、三度動かしてみせた。

 すると、花婿は、とたんに笑いだし、あたりにひびく声で、「わかってる、わかってる、このスケベ坊主!」

西洋風流小咄集 より



 

子供の気持も汲んでやらにゃ

 片田舎の百姓のおかみさん、友だちを訪ねたところが、彼女は三歳になる男の子におっぱいを飲ませていた。

kodomo11 「そんなに大きな子供に、なんちゅうこったべ。とっくに、乳離れさせなくちゃ、困るでねえかよ」 百姓のおかみさんがおどろいて言った。

 「そりゃ百もしょうちだけどさ」と友だちが答えた。
 「でも、飲んじゃいけないっていうと、この子は私に石を投げつけるんだよ」

西洋風流小咄集 より

次 ハンカチ

お色気小咄 目次へ

 


公開日:
最終更新日:2014/06/06

 
  •  制作者 seiwa
     年齢  じじ
     住処  埼玉県
     仕事  話し方教室講師
     

  • laughqc
  • warais

    kobanasis

    enns

    hs

    sinneta

    toris

  •  
PAGE TOP ↑