*

ハンカチ

kobanasi  
       

 
 一等車の中はガランとしていて、りっぱな紳士が二人、向きあっています。一方の紳士、さっきから、鼻にハンカチを当てがって、くしゃみが出そうなのを、がまんしているようなようすです。

 「もしもし、どうかなさいましたか。くしゃみをこらえておいでのようですが、ご遠慮なく。カゼ薬でしたら持ちあわせがありますから」 すると、相手の紳士はにっこりして、



 「いや、とんだおさわがせをいたしました。カゼでも、くしゃみでも、なんでもないのです。じつは・・・もうしにくいのですが、私は愛する妻のそばを、一時でもはなれているのが、身を切られるようでしてね。旅行のときには、こうやって、せめても、愛する妻の移り香のあるハンカチを手ばなさず、妻が恋しくなると、出しては、匂いをかいでいるのです。みょうなやつとお笑いくださいますな。妻がどんなにすてきな女か、失礼ですが、ちょっとこのハンカチをかいでみてごらんなさい」

hankati と、紳士は、相手の鼻さきに、手にしたハンカチを突きつけました。そのとき、相手は思わず、叫んでしまいました。

 「あッ!じゃ、あなたはガスパールさんですな・・・・・」

西洋風流小咄集 より

次 訴えごと

お色気小咄 目次へ

 


公開日:
最終更新日:2014/06/06

 
  •  制作者 seiwa
     年齢  じじ
     住処  埼玉県
     仕事  話し方教室講師
     

  • laughqc
  • warais

    kobanasis

    enns

    hs

    sinneta

    toris

  •  
PAGE TOP ↑