*

自分はバケモノ?

kobanasi  
       

 
 箱入り娘のマルトが、しんこくな顔をして、母親といっしょに展覧会から出てきた。
 彼女は一流の大家巨匠の作品である、この世のもっとも美しい女たちを見たのだった。

 その女たちは一糸まとわず、きわめてあざやかに描かれていた。明るい肌の下の青い静脈を指さきでたどることもできたし、また、歯や髪の巻毛や唇のうえの影を数えることもできるくらいだった。だが、すべての女になにかが欠けていた!



kobanasi64 マルトは浮かない顔でお休みなさいを言い、夕食もとらずに自分の部屋に引きとった。わくわくしながら服をぬいだ。明るい、冷やかな姿見が、真っ白な、全身をうつしだした。

 純潔なマルトは、早くも小草の萌えそめた下腹の小道や、鳥の巣のような脇の下のくぼみをのぞく勇気すらない。

 そして、涙声でつぶやいた。
 ・・・・・すべての女たちのうちで、わたしだけがバケモノになるのでしょうか!

西洋風流小咄集 より

次 あァー、チカン

お色気小咄 目次へ

 


公開日:
最終更新日:2014/06/06

 
  •  制作者 seiwa
     年齢  じじ
     住処  埼玉県
     仕事  話し方教室講師
     

  • laughqc
  • warais

    kobanasis

    enns

    hs

    sinneta

    toris

  •  
PAGE TOP ↑