*

ぶじょく

kobanasi
        

 警察へ呼びつけられた百姓息子のパーカ、いきなり、署長に、こうきかれた。
 「娘は、おまえに、ひどく、ぶじょくされたと主張しているが、おまえのいいぶんはどうだ」

 すると、パーカ、どもりながら、こう答えた。
 「あっしが野良でしごとしとると、あの娘っ子が、自転車がパンクしたから、なおしてくれ、お礼はするというのでさ」

 「それで、おまえは、なおしてやったんだな?」
 「へい。すると、あの娘っ子は、お礼の金がないから、こちらへ来いといって、あっしを森の中へつれて行って、いきなり、パンティをぬいだんでさ」

kobanasi1 「それで、どうした?」
 署長は、思わず、のりだしてきいた。
 すると、パーカ、首すじの汗を、大きな手でぬぐいながら、ぼそりといった。

 「あんなパンティなんぞ、あっしには、はけないもんだから、かわりに自転車をとりあげたんでさ」

西洋風流小咄集 より




拝借

 オーデル夫人が、自宅で編物をしていると、隣家の息子が、電話を借りに来た。電話をかけようとした時に、ベルが鳴った。

 受話器をとると、夫君のオーデル氏の声がきこえてきた。
 「もしもし、オーデル家かね?」
 「はい、そうです」
 「きみは誰かね?」
 「ぼくは隣のジョンです。これから拝借しようとしたら、あなたからお電話でしたので・・・」

denwa1 「拝借ってきみはいうが、妻は承知したのかね」
 「はい、奥さんはこころよく承知してくれましたので、もう少しで拝借してしまうとこだったんです。ですから、ただいまのベルがもう少しおそければ、万事用は済んで、ぼくは帰るとこでした」

 と、ジョンが説明すると、オーデル氏は、怒声をはりあげて、
 「チキショウ!夫の留守を幸いに、若い男に大事なものを貸すなんて、けしからん女房だッ!」

西洋風流小咄集 より

お色気小咄 目次へ

 


公開日:

 
  •  制作者 seiwa
     年齢  じじ
     住処  埼玉県
     仕事  話し方教室講師
     

  • laughqc
  • warais

    kobanasis

    enns

    hs

    sinneta

    toris

  •  
PAGE TOP ↑