*

大鼻

kobanasi
        

 ポーマルシャン家の箱入り娘、マドレーヌと、シャンフォール家の秘蔵息子、ジルベールの婚約が発表された。

 両家とも由緒ある家柄、巨万の富ということもあって、いや、ものすごい評判となった。当人たちよりも、両家の親たちの方が、まるで夢中になっているありさま。

 ところで、マドレーヌの母親は、人一倍の苦労性、どんなことがあったのか、近ごろ、バカにしずんでいるようす、夫が心配して、

 「どうした、おまえ。バカにうかない顔をしているが?」
 すると、夫人は、ちょっと顔を赤らめて、
 「あなた、ジルベールさんの鼻をごらんなって?」

 「そりゃ、見たよ。それが、いったいどうしたんだね」
 「人並みはずれて、大きいとお思いにならない?」
 「そういえば、そうだな。でも、なかなか立派なもんだ」



 「なんです、しらばっくれて・・・。大鼻の女房殺しっていうではありませんか」
 「ふふっ、そんなことか。マドレーヌは、おまえの娘だ。なんとか、持ちこたえるよ」
 「じょうだんじゃありませんよ。あたしは、それが心配で、夜もねむれないのです。それで、あたし、しらべてみようと思うのです」

kobanasi2 「おまえがか、バカなっ!」
 「あたしじゃありませんわ。女中のマリーにやらせるのです。忠義者ですから、一晩、いいふくめて、ためさせてみようと思うの」

 マリーは、夫人に、たのまれると、しばらくためらっていたが、やっと承知した。
 翌朝、マリーは、はればれとした顔で、帰ってきた。

 「奥さま、ご安心ください。ご心配は、ご無用でございます」
 「まあ、ほんとうかい、マリー。よかった!」
 「はい。お鼻ほどはございません。ちょうど、家の旦那さまと、おなじくらいでございます」

西洋風流小咄集 より

お色気小咄 目次へ

 


公開日:

 
  •  制作者 seiwa
     年齢  じじ
     住処  埼玉県
     仕事  話し方教室講師
     

  • laughqc
  • warais

    kobanasis

    enns

    hs

    sinneta

    toris

  •  
PAGE TOP ↑