*

さつま芋

kobanasi        

 
 十七、八ンなる下女が、台所で何かゴソゴソやっておりましたが、そこにありましたさつま芋、ちょうど手頃な奴を一本、ソーッと袂へかくして出てゆきます。そうして雪隠(トイレ)へはいる・・・。

 庭で薪わりをしながら、こいつを見ておりました権助が、「あら、妙だな」てんで、仕事の手を休めて、うしろからソッと行って、雪隠の窓の下の明りとりのところからのぞいてみるてえと、

 下女ァナ、さつま芋をにぎって、しばらく指先の感触をたのしんでおりましたが、そのうちに自分の穴へとあてがいます。

 あてがっているうちに、スポッと入る。芋の長い奴を持ってくりゃァよかったのに、短くて丸い奴を持って来たもんで、そっくりかくれんぼしちゃったんですナ。さァ大変!指ィつっ込んだが、出て来ません。
 

 
onna1 しばらく考えておりましたが、下女は何やらうなずきましてナ、にぎりこぶしをかためて、お尻の上をストンと叩く。

 するってえと、芋ァスポンととび出して、のぞいておりました権助の、眉間のところへドサーン!

 腰をぬかした権助ァ、思わず、
 「わッ、イモをつぶした!」

定本艶笑落語 小島貞二編より

次 後家願望

お色気小咄 目次へ

 


公開日:
最終更新日:2014/06/06

 
  •  制作者 seiwa
     年齢  じじ
     住処  埼玉県
     仕事  話し方教室講師
     

  • laughqc
  • warais

    kobanasis

    enns

    hs

    sinneta

    toris

  •  
PAGE TOP ↑