*

笑い話12

kame-ani01          

neta1

 我が家の愛犬は14歳、名前はローリー。
 最近耳が遠くなって名前を呼んでも来ないわ、散歩に行ってもヨロケるわで、フケたなァって感じ。

 知人の愛犬も14歳過ぎたころからやれ風邪ひいたと言っては注射3000円、しこりがあるからといっては手術8万円。いろいろかかって、とボヤいてた。

inu03s それを聞いてた主人。
 「ローリー、死ぬ時は根性出さずにコロッとな」
 なんて寝そべってる犬に言っている。

 それを聞いて私は心の中で、
 「あんたもネ」

ローリーの女主人

neta2

 先日、すし店でとった土瓶蒸しにモミジの葉が添えられていました。
 押し花をしたり、浮き花で楽しむ私はモミジの葉が気に入ったので店の人に、

momiji11 「このモミジ、頂いてよろしいですか?」
 と聞くと、店員さん困った顔で、
 「スイマセン、食べられないんですけど」
 「・・・・・・」

風流子


 
neta3

taxy 海外からの来客で、4日間ハイヤーとタクシーでの帰宅が続き、あくる日やっと最終打ち合わせを終えてバスで帰ることが出来た。

 運転手の真後ろに座ったら、ついウトウトしてしまい、気がついたら、我が家の手前。
 慌てた私は運転手さんに、
 「運転手さん、そこ、右に曲がって」

一野あたる

neta4

 定年後、年賀状の束も薄くなってきたが、驚いたことに○○葬儀社から賀状がきていた。正月早々縁起でもない、破り捨てようとして改めて差出人を見ると支配人に知人のAさんの名が刷ってあった。

syougatu11 傍らで妻が、
 「年賀状の経費を社用で浮かせたのよ」
 家計を握る立場からもっともらしいことを言う。

 それにしてもその賀状を妻が大事に持っているのが釈然としない。

キジューロー

neta5

isya11 今年80歳になる父が母に付き添われて内科に行った時のことです。
 お医者さんに、
 「食欲はありますか?」
 と尋ねられた父はしばし考えた後、おもむろに答えたそうです。

 「おかずによります」

グルメの父を持つ娘

笑い話13 へ

このページの笑い話のネタは 『桂三枝の笑ウインドウ』からお借りしました。

 


公開日:

 
  •  制作者 seiwa
     年齢  じじ
     住処  埼玉県
     仕事  話し方教室講師
     

  • laughqc
  • warais

    kobanasis

    enns

    hs

    sinneta

    toris

  •  
PAGE TOP ↑