*

笑い話5

kame-ani01          

neta1

先生  「きよし君はなぜこんなに、いろいろな色鉛筆で答えを書いたのですか

きよし 「はい、先生が答えはできるだけきれいに書きなさいと、言われました。」 kiyosi

neta2

 小僧が庭で長い竿をふりまわしているのを見て、
hosi 「何をしているのか」と坊主が尋ねると、
 「空の星を打ち落とそうとしているのだが、なかなかうまくいかない」と小僧が答える。

 それを聞いた坊主が
 「なんて鈍い奴だ。そんな竿で星に届くものか。屋根に上れ」
 
neta3

yume 「兄ちゃん夕べの夢、楽しかったね。」
 「おまえの夢なんか知らないよ。」
 「そんなこと言って、いっしょに遊んだじゃない。」



neta4

 女に抱きつかれた男が、相手の重みを支えるために一息入れようとした口を、その女の唇でふさがれた。
cut_kata  
 一息入れそこなったため、必死であわてふためく。
 なんたるキス。
 
neta5

中年の亭主 「目がぼやけるから眼がねを買って来たよ」
女房 「どうォ、私がはっきり見える?」

亭主、だまって眼がねをポケットにしまいこんだ。
 

笑い話6 へ

 


公開日:
最終更新日:2014/05/30

 
  •  制作者 seiwa
     年齢  じじ
     住処  埼玉県
     仕事  話し方教室講師
     

  • laughqc
  • warais

    kobanasis

    enns

    hs

    sinneta

    toris

  •  
PAGE TOP ↑