*

笑い話6

kame-ani01          

neta1

 母親が入院し、家族が交代で病院に詰めて看病しているのだが、病勢がつのるとそのまま病室で一夜を明かすこともある。

 疲れで息子が眠り込んだとき、よく朝母にicon_rose02  「お母さん、気分はどう?」

 母は「お前のいびきがうるさかった」
それが母親の最後の言葉となった。
 
neta2

 蒸し風呂のようなスタジオのなかで、何度やってもOKの出ない俳優に向かって、

daikon12 「君たちいいよな、大根だから」

 「・・・・・」
 「芋ならとうにふけてるよ」

小津安二郎


 
neta3

tosiyori 歳は取りたくないですねぇ。男性のかたは、使えなくなる言葉があります。
 「俺についてこい」
 と言えなくなります、自分がついていく年齢です。

綾小路きみまろ

neta4

augd008 「少年老いやすく学成り難し」
 をもじって
 「中年老いやすくガクガクなりやすし」

車内広告

neta5

warai96 両国橋で連続して身投げ事件が起こる。

 そこで、なんとか見つけてやろうと一生懸命見張っていた番人が、欄干をくぐる人を見つけて、取り押さえ、
「毎晩の身投げはおまえであろう」
 

笑い話7 へ

 


公開日:
最終更新日:2014/05/30

 
  •  制作者 seiwa
     年齢  じじ
     住処  埼玉県
     仕事  話し方教室講師
     

  • laughqc
  • warais

    kobanasis

    enns

    hs

    sinneta

    toris

  •  
PAGE TOP ↑